結婚式で貸切バスを使うメリットは?

結婚式に貸切バスを利用することで、参加者の方にスムーズに移動してもらうことができます。結婚式に参加をしたことがある方であれば、結婚式に多少の煩わしさがある、と感じたことがあるのではないでしょうか。その煩わしさの1つとして考えられるのが「移動」の問題です。まずは、結婚式場が交通の便が良くない場所にある場合を挙げることができるでしょう。本格的な大型チャペル等を利用して結婚式を行う場合、町中にあるわけではなく、遠くはなれた場所にあるということも多くあります。その場合、どうしても移動にかかる時間が長くなってしまったり、歩かなければならない距離が長くなってしまったり、といろいろな問題が発生することがあります。

次に、会場移動が発生する場合の問題です。結婚式場から披露宴会場へ、披露宴会場から二次会会場へ、二次会会場から三次会会場へ、といったように、結婚式では様々な場所移動が発生することがあります。この移動距離が長い場合、やはり同じような煩わしさが移動に発生してしまうことになるでしょう。こうした移動の問題点を解決できる方法の1つとして「貸切バス」の利用があります。主催者側が貸切バスを用意しておけば、参加者側はこうしたことに煩わされることなく、スムーズな移動ができるようになるのです。

それでは、貸切バスでの移動は、他の移動手段と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。まずポイントとなるのが、「外部の利用者がいない」という点です。同じ結婚式の参加者だけで移動することができるため、移動時間中にも気兼ねなく話をすることができます。公共交通機関を利用する場合には他に利用者がいるため、こういった利用方法を取ることはなかなか出来ません。さらに、荷物の重さを気にする必要がない、というのも魅力の1つとなります。引き出物として重さがあるものが渡されている場合、参列者側からするとできるだけその荷物を持って歩きたくないと思うものです。そんな中、長い距離を歩く必要がある、というようなことになると、悪い印象が残ってしまうことが多くなるでしょう。貸切バスを利用していれば、移動時間中その重さについてほとんど気にする必要がなくなるため、そういったイメージも残りにくくなります。

また、二次会を行う場合、二次会を準備する人は先に移動しておきたい、と思う場合があります。こういった場合に、小規模な貸切バスを用意しておくと、用意する人だけ先に会場に向かうことが可能になります。